お葬式というものがあります。
誰かが亡くなると――とくに、家族の中でなど自分とは近しい間柄にあった人が亡くなると、このお葬式を行なうことが通例になっています。
初めて「送る側」としてお葬式に関わるという人にとっては、しかし、このことをめぐるさまざまな慣習やしきたり、やらなければならないことに戸惑ってしまう、ということがありますよね。

というのも、人が亡くなるというとき、やらなければならないことはお葬式だけではなく、その前後に、あるいはそのあとにやらなければならないことがいくつかあるのです。
たとえばこの儀式が終わってすぐあとには、「香典返し」というものをしなければならないとされています。
「香典返し……聞いたことはあるけれど、どういうものか分からない」という人もいるかと思います。あるいは、「香典というものが何かは知っているけれど、そこに『返す』という言葉のついたものはよく知らない」という人。
香典返しは、古来は「香典」というものの持つ意味合いから必要性が語られることはありませんでしたが、現在ではしきたりのひとつとして定着しています。

あるいは、お葬式で故人とお別れしたあとには、遺品整理ということをしなければなりません。遺品整理は香典返しのような慣習ではなく、社会的な仕事としてしなければならないことです。
遺品整理というと、字面から「ああ遺品を整理することだな」と分かりますが、関わったことがない人には、何をするものなのか、よく分からないことが多いでしょう。
お葬式のあとに行なわれる、香典返しなどのこまかな慣習、あるいは遺品整理などの仕事は、どんなふうに行なわれるのでしょうか?

話題のサイト

遺品整理の料金が気になるならここで見積もりが出せます。|遺品整理ナビ
香典返し等のギフトを買うならここがお薦めです。|ギフトマン
遺品整理は東京んも専門業者に任せると楽でいいですよ。|クリーンネクスト
遺品整理なら大阪に評判の業者さんがいますよ!|アーイ・ユー
遺品整理で心の整理もできる;遺品整理110番

archive
category
  • カテゴリーなし